外壁塗装は下地が大事 シーラー塗布

下処理として大変重要な機能をもつシーラーを塗布

道路占有・使用許可を取得するために
警察署と市役所をうろつきます。
何歳になっても警察署は緊張しますね。
悪い事はしていません、岩﨑です。

外壁塗装の際に気を付けておきたい事は
高圧洗浄で外壁の汚れを洗い落とし
既存外壁の弱い所をどれだけ補修してあげるかが
大切な事だと思います。
外壁のヒビにはVカットを施しシーリングを打つ。
外壁の割れや塗装面の荒れがあればケレンで
平滑にする、下塗りシーラーがしっかり
効果を出せるように下準備を行う事だと
思います。

シーラーに求められる機能は4つほどあって
1.上塗り材の吸い込み防止
2.既存外壁の強化(塗装面を強くします)
3.仕上げ塗が強く働くように下地との密着性を高める
4.下地から発生するヤニやアクを抑制する
これだけの機能が期待されます。

いや~~ シーラーって働きものですね。

柱の水腐れ

ベランダを支える柱が水腐れしています

どうも岩﨑です。

ベランダを支える柱が水腐れをおこしていましたので
柱を二本交換する事にしました。
水腐れの原因はヒビの入った外壁から侵入した水分が
逃げる箇所が無く滞留し、水腐れを起こしていました。

柱はほぼ原形をとどめておらず
外壁を解体する際に、手で触るとグスグスと
解けるように壊れていきました。

この手の壊れ方は二種類覚えがありまして
長期間の水分の滞留による破壊と
長期間の蒸れに依る破壊です。
蒸れは日あたりのよい箇所で
起こる可能性が高いので外壁は
乾燥と水分の排出が大切な事だと思います。

港町 新城で思う

どうも、岩崎です。

新規の施主様の外壁張り替え工事を
新城地区でお引き受けし何日か
通ううちに町並みが見えてくる。

漁師と思っていた名称が
実はこの辺りでは「ふなと」と呼ぶこと
と始めてしり話をしてみるものだと思った。
この時期には「うに」が取れるようで

ふなと達は皆、海からうにを引き上げ
個人の自宅前にて殻を剥き始める。

私には物珍しい光景だが
この辺りでは当たり前の風景なのだろう。

だれもが気にも留めず
殻を一心に剥く。

それとは別に
皆が漁獲高を話し合っている。
それが自然でとてもいいのだ。