きつつきる

当店樹木にまたきつつきが巣を作りに来た。
しかし、数年たびに訪れるきつつきたちは
穴を掘って、いつもまにかいなくなって
ただ、穴の開いた樹木が残るのみ。

きつつきどうして穴をほって消える?
少しきになる岩﨑です。

今度、チョコレートを扱う工房を
作ることになり打ち合わせをしていますと
様々な疑問が浮かび上がってきました。

チョコレートってどうやって作るんだろう
どこで販売するんだろう
つやつやしたチョコレートは何かコーティングしてるの?

あまりにもチョコレートの事を知らなかったので
とりあえず他店舗でチョコレート菓子を見て買って食べて回ることに。

作り方も知らんばよねとミライONでショコラの作り方の
書籍を二冊借りて読み進めます。
チョコレートの製造には温度湿度がとても大切なようで
かなり細かな温度設定が書いてありました。
素材の事、相性の事、チョコレートが好きでいられることと
本を読むだけで甘い香りが漂ってきそうです。

言われて気が付きましたが
洋菓子屋さんと言ってもチョコレート菓子
(ボンボンショコラ)は結構見かけないものだと
感じました。

ゴミ問題も大変ですって話です。

20年程前に日本の家庭ごみ排出量が
問題になってるよ!って話をテレビで見て
それなら世界各国はどうなのよ?と
世界のごみを取り上げていましたが
EU圏内では一週間で小さく
片手でもてる小さなゴミ袋程度のごみしか
出ていないのでCO2問題に貢献しています。
ってニュースだったと覚えています。

確かに家庭ごみ、、、沢山でます、岩﨑です。

その後の情報や書籍で知りえた分で考えると
日本の家庭ごみが世界一多い理由は簡単に
分かりましたが対処法は簡単なのに
実行するのは難しい状態だと思いました。

ゴミ問題の前に・・・・
ライフスタイルの状態から考えた方が
よろしいかと思います。

日本人はとても美味しい弁当を作る
事で有名です、本当に有名で
海外でも「bentou」で通じるくらい
弁当と言えば日本の文化だと発信できています。

私も学生時代はママンの弁当を毎日
美味しく頂いていました、おいしかったです。

そして、日本のご飯は毎日ご馳走です。
主食副菜汁物とおかずが何品も出てくる
家庭は珍しくないと思います。
美味しい物を食べるのは幸せでありますし
あなたの体はあなたが食べたもので
出来ていますなんて素敵なフレーズがあると
否が応でも少量多種が健康に良さそうで
バランスよく食べることが大事だと
想像できます。

我が家でも良く、洋食や中華
イタリアンや多国籍国家の料理が
並ぶのは珍しい事ではない時代です。

しかし、世界中がみんなこんな
食事をしているようなイメージはあまりないように
感じる事があって、変な違和感を感じることが
たまにありました。

そこで読書の中で出てくる諸外国では
そこまで真面目に家事や食事をしている
風景は珍しい事なのかもしれません。

例えばEU圏内では朝食・昼食・晩食と
全てが非常に軽いもので出来ています。

パンに珈琲が朝食
昼はパンにハムのみを挟んだサンドイッチにバナナかりんご
晩はハムや野菜や果物を手を掛けず頂く。

野菜を手の込んだサラダとかに昇華しない辺りが
すごいと感じます。

しかも冷蔵庫からそのまま出したものを
温めないで食べる事も普通の事らしく
温めるといった行為自体が少ないようです。

そう言えば、私が5年前にタイに旅行に
行った時の事です。
タイの人がお昼時間になると
皆、不思議な液体や物体の入った
ビニール袋を持って歩いていました。

タイのお昼ご飯 袋 – Bing images

その見た目は、お祭りで金魚を
取ってきた袋の様な感じです。


ツアーコンダクタの方に、彼らは何を
持っているの?と聞きましたら
あれはお昼ご飯だよと教えて頂きました。
天地がひっくり返るほど驚いた事を
覚えています。
かつて、吉田戦車の四コマ漫画で
離れて生活する息子に母がどんな
すごい物を送ってくるのか勝負しようと
隣人同士で故郷から届いた段ボールの
中身で争う漫画がありました。
この漫画の落ちは・・
味噌汁をビニール袋に入れて
送ってくる母が勝ちましたが
漫画で例えるくらいにありえない
商品としての提供方法だと思ったからです。

そいや先日みたインド映画では
お昼ご飯がバナナ一本とか
リンゴ一個とかそんな世界でした。

しかし、ごみは格段に少なくなるだろうと
この時から感じていました。
それと同時に、見栄えや人の目を気にする
日本人には難しい方法だろうと思いました。
しかも彼らのご飯はかなり安かったことを
記憶しています、間違いなければ一食当たり
100円程度だと。
何故そんなに安いのか?
彼らは家で自炊をする時間が無いので
外食が盛んになったんだと教えてもらいました。

上記のように
冷蔵庫から出したものをそのまま食べる
家庭で自炊しない、料理にこだわらない
食事を簡単に済ませる。
この文化が家庭ごみが少ない状態を
作り上げているのではないのかと思いました。

精肉のパック一つにしても
諸外国ではブロック肉で販売する姿を
見る事も多いかと思いますが
諸外国はあまり小分けにして
販売していないように見えます。

消費者に配慮して、利便性が高くなるように
食品を小分けにする(ゴミがふえる)


家庭の手づくりの料理をつくることが
常識として定着している(家庭ごみが増える)

簡単な料理(冷凍、出来あい)を
卑下しやすい環境にある(人の目を気にする)

洗い物が増えるほど環境に負荷をかけている

ゴミが多いほど焼却炉の老朽化が早くなる

ゴミが多いほど集配の人手が必要になる

ちなみに人口三億人のアメリカには
約300程の焼却炉がありますが
日本には1200もの焼却炉があります。
フランスは180程度です。

ゴミを燃やす燃料にも税金が半分つぎ込まれています。
焼却炉の施設も作り替える必要も増えてきます。
外国から大量に購入した食料を
環境問題になるほど大量に廃棄し
C02問題が世界共通の危機管理なのに
外国から買った貴重な燃料で燃やすのは
ちょっとばかげた話だとおもいませんか?

お金でお金を燃やすようなものです。
しかもこのゴミ処理事業経費は
年間に二兆円だそうです。

小屋裏の結露

新しい住宅形式には新しい住宅問題が潜んでいる。
建築は毎年アップデートされるが
背後に潜んだ問題は建築後でないと
顕在化されないからである。

どうも岩﨑です。

建築は自然との闘いでもあり
家電、エアコンとの闘いでもあって
生活環境が変化すると
光や熱、湿気、水気の動きや
住む人の暮らし方で
問題が出てきたり、でなかったり。

住まい手はあまり目にすることのない
小屋裏(屋根裏)で発生する結露が
数年前から一部で問題にされています。

メカニズム的には生活から生まれる
湿気が小屋裏に流入し
表面温度の低い小屋裏の野地板裏で
結露が現れる。

問題の解決には「換気」を
行う事で結露を防ぐことが出来る。

十数年前の住宅では軒裏は外部扱いと
ほぼ同等な考え方をされていた
しかし、近年の省エネ化で
より熱エネルギーを効率よく
使うには小屋裏も温めて熱が
逃げにくいようにしないといけない。

ちなみに外部扱いと言う言葉は
温熱環境的に外部と言う意味で
どういう事かと言うと
「人がいない小屋裏を温めたり
冷やしたりするためのエアコンは
必要ないよね。」
と言う意味です。
同じ意味で基礎部分も外部扱いとして
床下の基礎内部にエアコンを設置して
温めたり冷やしたりする必要はない
と同意ですね。

(注意)
現在では小屋裏エアコンや
基礎内エアコンを設置する建築方法も
誕生しています。

小屋裏の換気を注意すべき建物形状は
軒の出が少ない(無い)シンプルな建物や
換気金物や換気のルートを作っていない
場合に結露が起きやすい構造になり
どこまでを室内扱いし
湿気の流入を防ぎ、適切な換気が
出来るような構造であれば
心配する事はありません。

仕事とは全く関係ない東アフリカの話

どうも岩﨑です。

交渉に生を賭ける: 東アフリカ牧畜民の生活世界 (生態人類学は挑む MONOGRAPH 1) | 太田 至 |本 | 通販 | Amazon

この本をミライONで借りて読み進めています。
日本人にはかなり難解な構成ですが楽しいです。

東アフリカに位置するケニアに
トゥルカナの遊牧民族がいます。
彼らはラクダ、羊、牛、ヤギを飼育し
紙幣に交換したり、穀物と家畜を
交換したり、殺して食べたりします。
このような家畜の扱いを
原始貨幣と呼称します。

そして私的にこの本の最大の特徴は
彼らの生活様式に根付く「ねだり」
と言う交渉術の話になります。

私たち日本人とは話の前提が
別次元にあるので、読み進める
事は出来ても理解することが
非常に難しい内容になります。

所で皆さん、最近交渉はしましたか?
(私は、、、
子供とお風呂に入る交渉をしました)

交渉と言って思い浮かぶのは
事件解決のためのネゴシネーターや
裁判で登場する弁護士
住宅を購入するときの不動産とのやり取り
旦那のお小遣い値上げの交渉や
身近な例でいうと
車を買う時や家電を買う時にも
交渉は発生しますが
日常的に交渉してる?と言うほどでは
ありませんよね。

ちなみに商品の「定価」と言う概念は
誕生してまだ200年も経っていないと
言われています。
定価が生まれたのは180年くらい前の
フランスと言う話があります。

では、それまで人々は
どうやって商品を購入していたのか?
そう、実は毎回交渉していたのです。

手前みそな勝手なイメージだと
大阪の婦人の皆様は交渉がとても
上手なイメージであります。
(にいちゃんこれなんぼ?高いわ~的な)

そうなると、世界の中にはいまだに
定価が無い状態の地域があっても
普通の事だと思いませんか?

話をトゥルカナの人々に戻します。
彼らの最大の特徴「ねだり」ですが
東アフリカに限らず
貧しい国では日常的にねだりが
発生しているような・・・・気がします。
日本人も戦後は米兵に対して
ギブミーチョコレートとねだりを
常に挑んでいましたし
貧しい状態ではねだりは生き残る為に
有効な手段だと言う事です。

以下はNOTEでお楽しみください。
https://note.com/siawasenokatati/n/nae17cea15890

排水管の破れ、折れ、欠けの事

どうも、岩﨑です。
自身の健康を願って早寝しています。
最初の頃はちょくちょく目覚めていましたが
最近になって朝まで眠りが持続できるように
なりました、人は寝ている間に体のあちこちを
修復しているらしいので早寝で健康目指します。

ぶらりと下がった配管から漏水が発生
ぶらりと下がった配管から漏水が発生

とある住まいの点検の際に見つけた排水管の「抜けた」様子の
ように見えて実はネジ込み部と配管が断裂している様子でした。
観察してみると配管距離に余裕がなく、精一杯でようやく
届いた配管が長年のテンションについていけず千切れたような
見方ができます。
ビニール製品ゴム製品はその弾性故に無理して引っ張る事や
無理して押し込む様子も見られますが、その時は良くても
長年を掛けて弾性を失いヒビや欠けが発生する事も考えられます。

ついつい「配管は無事なのが当たり前」と
思いがちな考えに陥りますが、頑丈な配管とはいえ
人が作業する物ですし、長い時間をかけてどんな外圧が
物自体に掛かっているのかもずーと観察する事は
できませんので、頭の片隅に「もしかしたら
違う考えが必要かも?」と考えに弾性を持たせたいものです。

汚水桝 おすいます

どうも岩﨑です。
どこの家にもある汚水桝。
皆さんお掃除してますか?
お家の外にある
丸い蓋のあれです。
脂汚れを
下水管に流さない為の
下水管を守るための
設備が汚水桝。
守るために油を流さない設備
と言う事は
汚水桝に油が残ると言う事です。
油料理の多い家庭は
結構頻繁に汚れますので
こまめな清掃をお勧めします。
排水が流れにくいな??と感じたら
それ、相当やばいです。

最近の取り組み

どうも、岩﨑です。

リフォームの仕事をこなしつつ

新し提案やガーデン工事もお見積もりを

頂いております、倒産した会社の住宅のメンテナンスや

そんな相談も何件か頂きます。

建築会社が倒産すると、残された顧客はどこに

メンテを頼んでいいのかわからず・・・

路頭に迷います、まずは倒産しない事が一番ですね。

うちはきちんと売り上げありますので

倒産はないです、借金もないし。

協力業者への支払いも完璧で遅れ払いもなく

にこにこ現金払いです。

そんな会社の自慢をしても面白くないので

別の自慢をしようと思います。

自慢することばかりで人生おもしろいっす。(すんません)

今年に入り、地域への何かしらの取り組みとして

大村市と協働で「小さな図書館」の運動を

製作&コンセプト&運営の一翼を担ってます。

製作はほぼ岩崎しかしていないので、これで

新しい仕事ができないかも合わせて考えています。

そしてこの活動内容を

環境省のとある取り組みでエコな地域社会貢献として

表彰を頂けるようなものに申請をいたしました。

目指せ、ポケモンマスタ!

じゃ!なくて

目指せ、最優秀環境大臣賞!ってな思いです。

何かしらの賞がとれたら

そりゃ嬉しいです、一人ぱーりーします。

大村市 環境省 グッドライフアワード 地域創生

打ち付ける雨

どうも 岩崎です。

明け方の打ち付ける豪雨に目を覚まし

まだ早いなと思い二度寝。

子供は登校日なのに

出てった瞬間にまた豪雨でちょっとかわいそう。

今日は平和集会で平和について

学んでくるのでしょうね。

実に長崎らしく良い事だと思います。

やっと春らしく。

3月3日 どうも岩崎です。

ようやく春らしい天気になりました。

裏庭に植えていた南天が

他所の土地へ旅立ちました。

次の土地でも可愛がってもらいたいです。

さて、南天を可愛がるねえ??

うちは可愛がっていたのかな?

強い植物なので、ほったらかしだったかも。

節分祭  富松神社へ。

どうも 岩崎です。

節分はいかがお過ごしました?

鬼役で豆を投げつけられる人もいれば

歳の数だけも豆食べれないよ!って人も

居たのではないでしょうか?

さて、我が家は子供達を連れ出して

御近所の富松神社まで 節分祭を楽しみにまいりました。

一年ぶりの節分祭は人の多いこと・・・。

こんなに来るんだ?ってつぶやいちゃうくらいいました。

今年は外国人も多かったなあ。

暗い中焚き火にあたりながら

福引つきの豆を拾い、当選番号の時間まで

フランクフルトや焼き鳥をたべながら

待ちました、あまりこう言った会場では

買い食いをしないので、今年はそんな自分に

不思議な感覚をもちながら300円のフランクフルトを

食しました。

さあ、いよいよ当選の発表の時間です。

各々、目的の品は違うので

娘(自転車自転車自転車・・・・・

私(テレビテレビテレビ・・・・

嫁(米米米・・・・

どんどん番号は発表されていきます。

1098番

2280番

3021番 やったー米が当たりました!

ラッキーくじは25本しかないので

そこそこ運がよかったようです。