軒ゼロ住宅の屋根換気は?

寒くなってくると、単板ガラスの住宅では

毎年おなじみの室内結露がサッシと窓にお見えになります。

お見えになるのは嫌ですねえ・・・。

どうも 岩﨑です。

さて、この結露と言う現象ですが

生活動線上であれば確認できるので

まだ、マシな方だということを知る方は

そうそういません。

ではどんな結露がやばい結露なのか?

それは目につかない部分での結露ってのが

厄介かつ面倒なことになることが多い。

例えば壁内、床下

最近では屋根裏ってもの聞きます。

ではどうしてやればいいのかと言うと

換気をしていれば通常では結露は起こりません。

そのために住宅建築では

所々に空気が流動する仕組みや

湿気を輩出する目的での換気システムがあります。

昔ながらでいうと軒裏の換気

軒の天井部分に穴がぽこぽこ開いた板が

施工されていると思いますが

それが軒裏(小屋組換気)の換気の

役割を果たしています。

では、逆に最近は軒裏が無い住宅も多くありますよね。

箱みたいな家です。

人が生活していると湿気が人からも生活の中からも

結構出ます。

その湿気(水蒸気)は家の外へ出ようと動きますので

適切に排出するような、もしくは吸収するような

仕組みを用意していないといけません。

しかし、軒ゼロ住宅では(箱のような家)では

軒裏の湿気をどこから排出するのか?

軒ゼロ住宅では野地板が結露でびっしょり

濡れていると、調査報告が上がっていたのを

本で読みました。

さて、この湿気を適切に排出するという機構を

いかように設計するのかは

住宅をながく持たせるという意味でも

本当に大切な事です。

書店で買いたい

S4100043594061[1].jpgマンガを書店で買いたいが書店に本が無い岩﨑です。マンガが好きな岩﨑ですが

本はできるだけ書店で買いたい。

そんな個人的な思惑は書店にはなかなか

伝わらないようで、お目当ての本にたどり着けない。

「書店で注文」と言う気にもならず

それならばアマゾンで注文した方が

早いし、便利だから。

書店でエンカウントする事が大事なものと

信じている私にとってあまり人気のない

この「目玉焼き」はなかなかお目にかかれない。

今日まで実に10巻を発表しているマンガであるが

その全てを書店で購入出来ていることが

少々のプライドであったのだが・・。

実は本を運よく手に入れるには

発売と同時に買わなければならないのであって

実は11巻にいたっては、発売して3週間ほど

経った後でその状況に気づいてしまったのであった。

くそう、もっと早く気づいていたら

本に出合えるチャンスももっとあったはずだ。

この漫画の主人公はじつにサイコパスで

一見すると常識では測れない極端な思考の

持ち主で一言で申すなら面倒な奴である。

その面倒な中に、しっかりとした哲学が入ってあり

その哲学る部分に共感を覚えることが多く

この漫画をやめられない。

作者のおおひなたごうの一巻から最新刊までの

作画能力の上昇ぶりにも驚く・・・

(すげえ上手くなってます、絵)