岩﨑ひでおのコト 自己紹介

IMG_5298.jpgどうも 岩﨑です。約10年前から始めたこのブログの投稿数は2111本です、結構書いてますね。岩﨑自身も10年年を取ったと言う事で当時とは趣味も生き方も大分変りましたので今の岩崎はこんなんだと多くの人に知ってもらいたいと言う意味も込めてプロフィールを書こうと思いました誰得かは知りません。岩﨑ひでお 37歳もうすぐ8北九州市生まれの大村育ち 二女一男嫁一人。おしまい!冗談ですよ、二級建築士で大工と設計と営業と三役掛け持ちで楽しく仕事してます。今の悩みは加勢にくる大工さんの確保が難し所人材不足は大村市でもありますねえ。三年前から超断熱の建物の面白さに気づき快適な暮らしって温度って重要だなあと再認識しその施工と技術の習得に邁進しています。趣味は少ないとは思いますが軽くサイクリングと申し上げたいのですが子育てが楽しすぎて自転車のる時間はないです。でも健康の為にも時間つくって乗りたいなあとも思います。ちょこちょこボランティアをしててパパだけの絵本読み聞かせチーム「えほん侍」」のファウンダーです。去年から始めた「小さな図書館運動」も少しづつ地域が拡大しつつ今年の11月には壱岐市にも小さな図書館が誕生します。壱岐の子供楽しみにしててね~今年バズった大村市のシーグラス海岸のアオサ大量発生時にはその見た目の悪さと悪臭に驚き、そこに来る観光客の心象を考えるとこれは最悪と言われても仕方ない。仕方ないが、綺麗な海岸を見てもらいたい気持ちで#ボランティメントを打ち出し沿岸清掃をボランティアで掃除してさらにエンタメにしようと企画し、今年の夏に二回清掃を実施。延べ大体30名くらいの大村市民が賛同し集まってくれて音楽を流しながら楽しく掃除しました。そのうち野外図書館も実施したいのですが時間と手数が足りないので保留中です。何してる人なのかよくわからない人もいるかと思われますが、岩﨑はこんな人で平日は仕事、休みはボランティアって一日も多いです。変な人って認識されている事が多いですが私は結構真面目ですよ?いや本当に。

舗装します。 大村市協和町。

IMG_1129.jpgどうも 岩﨑です。長年砂利道だった道をコンクリートで舗装する工事です。まずは掘削し地面をけすり取ります。100㎜程度生コンを打設しますのでその厚みが確保できるまでは削ります。IMG_1131.jpg工期は4日なのに初日雨。がんばりまっしょい。

大村市で高断熱リフォームの相談は岩崎工務店しかない!と言うブログ

IMG_7269.jpg

 

冬が近ずくと例年にもれず家が寒いんですとの

ご相談が増えます。

建築界にも少子高齢化の波は住宅着工数と言う形で

あらわれていて、年々住宅の着工数は減る一方です。

この現象化と経済的発展を当てはめてみた場合

どの部分で収益を上げていくのか?を

どこの会社もですが考えないと普通に倒産が増えてきます。

仕事がないと事業は継続できませんので

町の工務店は消滅。

ただでさえ後継者不足で町の仕事は消えつつあるのに

着工数減、後継者不在のダブルパンチです。

で、国が建築界に求めているのは既存住宅の

高性能化リフォームを求めています。

京都議定書やパリ協定でも同じみ

カーボンオフセット・CO2削減ってやつですね。

先進国が躍起になって環境をどうにかしようと

金と知恵を出し合って考える会議です。

この国際公約で日本もかなりのCO2削減を

求められています。

平成27717日に開催した地球温暖化対策推進本部において

2030年度の温室効果ガス削減目標を、2013年度比で26.0%減(

2005年度比で25.4%減)とする「日本の約束草案」を決定し、

同日付で国連気候変動枠組条約事務局に提出しました。

なのです。

リンク↓

http://www.env.go.jp/press/102512.html

結果、住宅産業では今、ゼロエネ住宅や

高断熱住宅がヒートアップしており

少ないエネルギーでCO2を減らす方向へと

思いっきり舵を切っています。

しかし、住宅着工減の今はこの方向が

既存住宅へと目が向けられています。

要するに

「既存住宅もCO2を減らす方向に

行かないと環境が持たない」って事です。

元福田首相が言っていたストック住宅

(長く生活できる住宅を増やす方針)

は断熱工事やエコ設備を取り入れ

健康で快適な室内環境を作ることが

結果としてCO2削減になると位置付け

「断熱リフォーム」

「耐震リフォーム」

「エコ設備リフォーム」の三つを推進しています。

人口減のこれからは

ライフライン事態に高コストな

維持費がかかってきますので

省エネは家計のランニングコストの観点からも

長い時間を掛けて回収し、かつ

自然環境の保護に目線と置かなければと思います。

ここから営業↓

断熱リフォームと言えばやっぱり岩崎工務店でしょ。

確かな知識と技術で断熱材を厳格なルール(施工手順・遵守)の元、住宅の断熱性能を

最大限に発揮させます。

断熱材にも様々な種類やランクがありますが

お勧めの施工は現時点での一般住宅の壁にはいる

105㎜厚の高性能グラスウールがおすすめです。

川棚町でSIIの申請を通して着工した

高性能化リフォームでは当時の最高等級の

断熱材と気密部材を使用し、真冬の一月でも

エアコン一台をゆっくりと暖房するだけで

家中暖かいと大変よろこばれました。

これが大変な自信となり、大規模リフォームを

検討中のお客様にはぜひ、断熱材の全面入替を

当店ではおすすめしています。

 時代は先に先にと進むスピードを止めません

10年後には今の住宅性能はチープ化し

性能も機能も遅れていると思いますので

断熱性能も上へ上へ高みで高みへと

進んでいって、先々丁度いいくらいだと思っています。

ご相談は無料

まずはご連絡ください、お問い合わせフォームはこちらから↓

https://www.skmeijin.jp/hs/user/EmailInquiry.do?pageId=8&customerId=1166

大村市 高断熱リフォーム 断熱材 省エネ リフォーム

岩﨑ミーコデザイン 爆誕!

http://mico.company/岩﨑工務店の中に新しい会社が入りました。デザインの事なら岩﨑ミーコデザインへ!早速近所の人が来たらしいです。なんでもロゴを作ってくださいだとか。色々やりますのでお気軽にきてくださいませ~~