キッチン前カウンター

IMG_5924.jpg

どうも、岩崎です。

長女は鍛錬遠足らしいです。

最近の小学校ではそんなものあるんですね?

と思って他の人にお話したら

鍛錬遠足がある地域と無い地域があるというのを知りました。

私が小学生の頃にはなかったと思いますが。

えっと、今 作業場ではカウンター材の加工をしている所です。

リフォームの現場でキッチン前カウンターを

どう格好良く収めようか試行錯誤しております。

大村市 リフォーム

黒木小学校への読み聞かせ

IMG_5921.jpg

どうも、岩崎です。

一歳半になる長男のダイちゃんを連れて

黒木小学校に定例の月一絵本よみきかせに行って来ました。

この、わが子を小学校に連れて行く試みは

次女に引き続き我が家では二人目です。

最初は少し緊張していたダイちゃんでしたが

黒木小学校の生徒たちに混ざって静かに絵本に集中していました。

読み終わると生徒さんたちから抱っこしてもらい

戸惑いながらも嬉しそうなダイちゃんの顔を見れて心温まりました。

大村市 黒木小学校 絵本よみきかせ えほん侍

平成27年 大村市市長選挙

どうも岩崎です。

過ぎ行く秋の最中、またしても大村市長選挙が始まります。

今回の立候補は二名。

どちらも若く期待が持てそうです。

本日は市民会館にて公開討論会です。

時間が取れたら見に行こうと思います。

読書考

DSC03164.jpg

どうも、岩崎です。

子育ての最中、やっぱり親として気になる

読書量。

沢山の本を読んでもらいたいなあ、と私は常々思っています。

そんな私も子供の頃は読書が嫌いで

図書室に行くと江戸川乱歩の小説を

2・3ページ読んで大満足な子供時代でした。

いやいや、それ読んだうちに入らないし。

しかも、子供時代にもちゃんと

「本を読め!」ってオトナはいました。

いましたが、本を読めといわれても

「はい!」と読む子供もそうは居ない。

はーい、これではわが子ピーンチ。

これではわが子まで、読書嫌いに??

それは困る。

んとまあ、これから親として沢山の書物を

読破してやるべき事とやらざるべき事を理解したつもりで

わが子に実践させねばなりません。

あくまで子供本位に

無理の無い程度に

親も態度を示しつつ

環境を整え

それが楽しいと思えるように。  とね

大事な事はやっぱり楽しめる

環境にあることだと思います。

試行錯誤しながらも長女は(7歳)

読書大好き人間になってくれました。

続く次女(4歳)と長男(1歳)もすでに

読書大好き人間の片鱗を見せています。

自分が読書できない子供だったので

これは本当にうれしいなあ・・・。

無垢の床のメンテナンス 大村市

IMG_3573.jpg

どうも、岩崎です。

築3年程度経ちましたお家です。

床の色が大分落ち着いてきました。

無垢の床のメンテナンスですが

汚れが気になる場合は固く絞った雑巾で

まんべんなく拭いて見て下さい。

オイルを塗っている場合は

水のはじき方が弱くなったかな?と感じたら

そろそろ塗ってねと、床からの合図だと思ってください。

塗るのはオイルです。

ワックスはダメですよ。

無垢の床を他社で施工したんだけど

メンテナンスできてないよ、という方も

当社にお気軽にご相談ください、メンテナンス工事も請け負います。

大村市  無垢の床  自然素材 新築 リフォーム メンテナンス

波佐見町総合文化会館

IMG_5864.jpg

波佐見町総合文化会館へ絵本ライブに参ります。

どうも、岩崎です。

近頃は落語の絵本など子供に読み聞かせてます。

内容も大事ですが、日本人たるや日本人たれと

それっぽいトリビアを持っているだけで

仲間からも重宝されるのではなかろうかと。

そんな事は無い?

そんな事あると思うよ。

中学生の頃、妙に麻薬に詳しい〇崎って人も重宝されていたし

小学生の事、妙にドラえもんに詳しい〇山くんて重宝したし

つまらない事ほど、話のネタになると申しますか

決して落語家つまらないって話ではないですよ?

では本題

11月22日 波佐見町総合文化会館にて絵本ライブ

これ単独公演ではなくイベントの一環としての参加です。

10:00~12:00是非参加くださいませ。

それと11月1日 伊王島開発センターで13:00~14:00

開発センターってどこだ??

大村市 育メン 図書 父親 地域

小学校への読み聞かせ

IMG_0512.jpg

どうも、岩崎です。

10月18日は建設長崎組合の運動会に参加してきました。

三年ぶりくらいに、全力疾走してふとももの筋肉が張ってます。

そして翌朝、19日は西大村小学校での絵本の読み聞かせでした。

前晩に同じ図書グループの方から連絡があり気が付きました(汗)

絵本のチョイスは毎回定番の「ほげちゃん」「かっぱもやっぱりきゅうりでしょ」

の二本立て。

1・2・3組と読み続けたので後は4組を読めば

このルーティンは終わりかな?でも続くかも。

朝晩が大分寒くなってきましたね~

大村市 図書 ボランティア えほん侍

朝の会話

どうも、岩崎です。

朝から事務所前を掃き掃除していると

通行人と言葉を交わすことがあります。

挨拶程度もあれば

最近どんな仕事してんの?的な絡みもあったり。

そんな何気ない会話が朝からの元気に

なんとなく加わっているように感じます。

挨拶ってやっぱりしなきゃなと思いました。(してますが)

上諏訪事務所 プチ改装いたしました~

IMG_5909.jpg

どうも 岩崎です。  事務所の床が痛んできていたので

この際と床と天井を張り替えました♪

ソファーも何十年と頑張ってくれたのでご苦労様でしたと

新調いたしました。
IMG_5908.jpg

スチール棚もついでにと、新調いたしました。

綺麗な事務所で気分が良いです、これでハツラツ健やかに

お客様をお迎えできます。

大村市 新築 リフォーム 手すり 中古住宅

大村市  ラーメン蓮臥(れんが) ラーメン二郎インスパイヤ

IMG_5896.jpg

どうも、岩崎です。

近年まれに見るラーメンブームです(もう定番化してる)

そして私が良く行くラーメン屋さんと言えば

大村市サンスパ内にあるレンガです。

ここんちは美味しいラーメンを提供してくれるのは言わずもがなで

珍しいラーメンを提供してくれる事でも非常に有名です。

バジルラーメンや桜色したラーメンにカレーラーメンと色々あります。

さて、その中でもここんとこ異色な組み合わせ?

しかしながら嬉しい悲鳴?

歓喜の声?聞こえてくるよこのラーメン屋さんは。

これまた、ネットで良くも悪くも圧倒的なネームバリューを誇る

ラーメン屋がある。  その名も「ラーメン二郎」

豚の餌

番人

ロット

天地返し

あれはラーメンではない

二郎と言う食べ物だ。

等、様々な憶測が飛び交う伝説のラーメン屋。

その二郎ラーメンがインスパイヤとしてここ、大村で・・。

長崎県大村市で?

食べれる?

何を?

そう、二郎が食べられます。

量が半端ない事でも有名なラーメン二郎です。

大とか止めとけ!食えねえから!

どうも、小ラーメンで、他店の大盛り程度あるらしく

小よりも少なめでと頼む人もいるくらい。

で、早速食べに行ってきた。

長崎空港降りてすぐの温泉複合施設「サンスパおおむら」内に

レンガは店舗を構えています、黒い看板が目印だよ。

相変わらずイケメンな店主に早速二郎ラーメンをオーダー!

(本当は二郎ラーメンって名前ではないので注文の際は店主にきいてね)

いや~、胸が高まるわ。

こんなにドキが胸胸するのはいつ振り?ってくらい

感高まってきてるわ~。

このラーメン食べる為に東京までいくのはなあ~~~って位

若干悩む程度だったからね。

それが、長崎どころか大村市で食えるなんてね!うれぴょんなの!

で、期待値上げたまんま来たよ!

これ来たよ!!!  これね!

IMG_5897.jpg

噂どおりの麺のぶっとさ!(太い)

頂上に君臨する背油をスープに浸し油成分をマシマシしなければね。

さて、先ずは一口いただきましょう。

「すすす、もぐもぐ・・」

ナンだ!この麺の強烈な立ち位置は!?

詳細は言いません、食べて見て感じてください。

卵は生卵ではないので特に絡める必要もないのだが

この卵も味が染み込んでウメエ・・。

チャーシューも柔らかくて火の通りも十分。

スープは思っているよりもくどくない

むしろ、油が心地よいオブラートに包まれるような

それでいて、ガツンと濃い目なのだが、麺との絡みは程ほどでよい。

IMG_5898.jpg

半分程度食べ進めたがまだまだ残ってる・・・。

これ、女子は完食無理かな?

ここからはオレとラーメンの戦いよ!

店主「二郎は戦いですよ、この山を登ってください」

なんと深い台詞だぜ!

34歳だけど若い胃袋のやつらにゃまだ負けられん!

そして、メンマが優しいお味で

サクサクと小気味良い食感が箸休めには最高だ。

このメンマは、この厳しい戦いの中で

確かな存在感を示せる一級品の戦力だ。

食べても食べても無くならない量に戸惑いは正直隠せない。

本気の話で序盤は 「これ、大丈夫?食べれるかな?」って心配して程。

しかし食べ進める程に、一箸一箸が山頂への確かな一歩となり

それは喜びに変わる。

箸を進めることが嬉しい食べ物なんて今までにあっただろうか?

いや、私はそれを知らないで生きていた。

そう、今日までは。

しかし明日からは叫ぼう、ここに在るとね。

そして、背油大目のスープに太目の麺が絡む様は

たとえようのない食の様を自分自身が見ている。

(これも分かりにくいだろうが、食べれば分かるので言わない)

時折、甘みを感じる事が出来る存在の「もやし」も忘れてはいけない。

野菜の甘みはとうの昔から知っているが

この二郎の中では救世主に近い存在感。

「もやしが甘くてうれしいいいいいい!!」と感じるほどに。

シャキシャキ!!あまままあ~~

シャキシャキ!!んまままままん

そうか、このもやしの役目は小休止的な意味合いもあるのだな。

さあ!戦いも終盤だ。

残りの麺と具材をレンゲの上でベストマッチさせ

適量ミニラーメンを味わいつくす。

ん??

んん??

この味は??風味は??

私「店主、後半のこの風味は?

店主「〇〇ですよ。

おお、なんと小技がきいておる!

例えるなら稲佐山に吹く一陣の風のような風味。

いざ、完食!! 登頂!

ふう、水を一のみし呼吸を整える。

「腹んなかがパンパンだぜ、、。」

大分ん汗もかいたな、まるで本当に登山したような気分だ。

水を飲むのも忘れ、一心不乱に掻き込んだ数分前が随分と

昔に感じられる。

支払いを済ませ、お店を出る頃には・・・・

また、あの味が恋しく感じたのは秋の気まぐれだろうか?

いや、恋などとあまっちょろい物ではない。

渇望に寄り近い感情。

砂漠のど真ん中でカラカラに乾いた喉

その蜃気楼の向こう側に天の恵み!オアシスが見える!

もしかしたら幻かもしれない!だが進まざるを得ない!

立ち止まる事は死を意味するのだから。

体中の水と言う水が足りてない、汗も出ないほどの渇き。

そんな中、オアシス目がけて走る!

あった!本当にあった!オアシスだ!

水!水!水!が飲めるぞ!!・・・・・・・

の時に二郎を食べる感覚。  これが渇望。

水よりも二郎

そんなインスパイヤが大村市で食せます。

さあ、戦いの火蓋は君が切るしかないのだ。