捨てる技術(収納は苦しみ)

6人で生活する我が家はギリギリ物が
溢れかえっていない状態を保っています。
子どもが三人いると製作物や工作物
日々の暮らしで作られていくもので
毎日領土を拡大されていく感じが
ジワリと嫌な気分にさせていきます。
まだ大丈夫だ、岩﨑です。

本当は大丈夫ではないのかも・・。

私の考えでは暮らしにおける過度な
収納の数は不必要でむしろ
収納をコントロールする方が
暮らしとして健全ではないのか?と
ここ数年考えが改まってきています。

以前は収納は沢山あると便利です!
と断言していたのですが、最近は
「あかん、収納は無限やないんや
そもそも無駄な物収納しても
そりゃゴミとかわらへんぞ。」
と謎な関西弁で脳内再生される始末。

よって、半年に一度は収納を改めようと
こころかけている。

妻はこの半年に一度の
夫による捨て捨て期を
半分期待のまなざしと
半分自分に被害が及ばないか
冷や冷やしていると思う多分。

人の物を勝手に処分するのは
宜しくないので、まずは自分が
所有している物から捨て
次は収納に入っていない物を
処分対象にし、主に子供の製作物
工作物、古いおもちゃ、教科書類プリント類
洋服、段ボールを含む判断をする。

私自身は結婚を機に
自分の物をごっそり処分することが
出来る人にジョブチェンジしたので
価値があるものでも処分することが
出来る人である、写真も全て捨てた。
(ここまですることはないです)

そもそも収納に入りきらない物は
管理が行き届いていない状態だと
思う節があって、大切な物と
価値のあるものと必要な物はそれぞれ
独立し一緒くたにする必要はない。
(たぶん)

今でこそアブラコントロールが効いているので
そこまで言いませんが
以前見た時はサラダ油が
6本も在庫していたことがあり
過剰在庫や!と抗議致しました。
醤油は大瓶で3本
多い多い!
そんな広い家なら沢山あっても
ええけど、我が家はそこまで
ひろないんや。
トイレのロールも何梱包あるねん
と、言った内容であるので
この辺りは自主規制をかけてもらい
過剰な在庫はキャパオーバーに
なるので。

自身としては先日スーツを新調したので
出来上がってきたときには
現在のスーツは処分予定。

私のハンガーラック占有率は家全体で
一割です。
少ないとは言いません・・・・。
増えないようにコントリールすれば
良いだけの話のはずです。
(たぶん)

外壁塗装は下地が大事 シーラー塗布

下処理として大変重要な機能をもつシーラーを塗布

道路占有・使用許可を取得するために
警察署と市役所をうろつきます。
何歳になっても警察署は緊張しますね。
悪い事はしていません、岩﨑です。

外壁塗装の際に気を付けておきたい事は
高圧洗浄で外壁の汚れを洗い落とし
既存外壁の弱い所をどれだけ補修してあげるかが
大切な事だと思います。
外壁のヒビにはVカットを施しシーリングを打つ。
外壁の割れや塗装面の荒れがあればケレンで
平滑にする、下塗りシーラーがしっかり
効果を出せるように下準備を行う事だと
思います。

シーラーに求められる機能は4つほどあって
1.上塗り材の吸い込み防止
2.既存外壁の強化(塗装面を強くします)
3.仕上げ塗が強く働くように下地との密着性を高める
4.下地から発生するヤニやアクを抑制する
これだけの機能が期待されます。

いや~~ シーラーって働きものですね。

木材の端材が余っていたので・・

今年は良く落ち葉かきをやりました。
竹ぼうきを要領よく掃いてまわるのは
思いのほか面白いものがあります。

レレレのレを思い出す岩﨑です。

工事で使った木材があまっていたので
隅木でも入れてみるか、と言う事で
辞典を見ながら作りました。

随分と久しぶりなので、やや忘れている部分もありました。

初めてこれを作ったのは21歳くらいだったので
それから19年も経ってしまいました。
現場でこのような作業をすることもなくなったので
忘れないようにたまには作ろうと思います。

ノンワックスフローリングのお手入れ方法

いつも我が家の冷蔵庫に陣取っている
飲むゼリー的なドリンクが
結局誰が買って来たものか分からず
もう、数か月経とうとしています。

どうも、岩﨑です。

結構前に販売されだした床材なのですが
表示に「ワックス掛け不要です」と
表示されているフローリングがあります。

この商品はメーカーが工場出荷時に
ワックスを塗布して販売するので
昔のように新品のフローリングに
ワックスを塗る手間が省けるのが利点です。

ですが、ワックス塗布製品とは言え
ずっとワックス性能が維持できるかと言えば
疑問に感じますよね?

「ワックス不要の商品と書いて
あったけど、ずっと不要なのかな?」

この問いに製造しているメーカーは
ワックスは不要ですが、お客様の都合により
塗る場合は○○のワックスをお使いくださいと
もし、ワックスを掛ける場合には
指定のワックスをご使用くださいと
掛かれています。

ワックスによっては
フローリングに塗布されているワックス効果で
上掛けするワックスをはじく場合があるので
そういう意味で相性の良いワックスを
推奨しているのでしょうか?

実際私も、数十年前に新品の
ワックス不要商品にワックスを塗布して
みましたが、見事にはじかれました。

ですが、施工後数年たって
当時の艶が無くなってきて
ワックスを検討するのであれば
メーカー指定のワックスを選ぶのが
良いのではないかと思います。


水漏れ(洗濯機蛇口より)

ベニヤに水染みができています。

どうも、岩﨑です。

前日、住まいの洗濯機の蛇口が外れ
気付くまで大量に水があふれだしたと
連絡があり、伺いました。

現地に到着すると
確かにフローリングにも水染みが浮き出て
押入れべニアが浸水した時の
水を吸い、ベニヤのアクが浮き出て
部屋中が浸水したことを
物語っています。
お住いの人にとっては
大事ですね。
洗濯機の蛇口は
長い期間の外出の時は
閉めておいた方が良いかもしれません。

物干し部、波板張替工事

どうも 岩﨑です。

波板を剥がし終えた時です
波板を剥がし終えた時です。

県外から越してきたお客様からの
お仕事で、物干し部の波板が破れているので
張替の依頼を受け工事に伺いました。

既存の波板は塩ビ系波板で
触るとパリパリと割れ、長年の仕様に
よく頑張ってくれましたと
お疲れ様で賞を贈らんばでしょうって
位、長い間頑張ってくれたようです。

新しく貼る波板は
「ポリカーボネート波板」にしました。
今でこそ一般的に貼られるようになった
ポリカ波板ですが、選ばれるのには
やっぱり理由があって
一番は頑丈さでしょね。
割れにくい、色あせない、軽い。

お値段も安いし
色味も数色の中から選べます。

このような、他店には声かけにくい
小工事もご相談ください。
現地確認しお見積もりを提出いたします。

大村市 コワーキングスペース スコラ 

IMG_6930.jpg
IMG_6931.jpg

どうも 岩崎です。

大村市アーケード内に
コワーキングスペース スコラが
オープンして幾数十日。
コワーキングらしくラフな
構造用合板仕上げの扉を製作しました。

袖壁はこらからシーラー処理を施し
黒板ペイントで仕上げ
町の人の落書き&伝言板になる予定です。
コワーキングスペース
スコラをよろしくお願いします~

大村市アーケードにあるスコラは
2019年春くらいに
同じアーケード内で移転しております。

現在のスコラはこちら↓

(1) scola | Facebook

スコラHPはこちら↓
scolaとは – scolaホームページ (jimdofree.com)

長崎市 築80年 自然素材でリフォーム

IMG_0011.jpg

どうも岩崎です。

ようやく、完成しました。
約二ヶ月の工事期間でしたが
施主様のお陰で大変素晴らしい経験を
得ることが出来ました。
P1170179.jpg

原爆を乗り越えた築80年のお住いを
物を大切に扱う施主様のご希望を
極限までお聞きし
ほぼ100%本物の素材のみで
お仕事を進めることが出来ました。
腐った柱を五箇所ジャッキアップし
崩れ落ちた壁を再建し
狂いまくった水平垂直を
極力戻す事に注力した現場でした。
IMG_0013.jpg

今ある大切な物を極力使用し
古いの一言で処分することなく
どうやって素材を
生かせるかを考えた日々。
P1170168.jpg

動線はかなり変わりましたが
風が通り光が北側まで延びる
間取りに変わりました。
壁は部屋が明るくなるように
白漆喰をセレクトしました。
調湿効果や静電気対策にもなり
良い素材です。
IMG_0007.jpg

それでもやはり
物には寿命もあるもので
天命を全うしたものには
次の役割をバトンタッチさせねば
ならない事もあります。
P1170119.jpg

浴槽のサイズは変わりませんが
品の良いタカラスタンダードの
カラーステンレス浴槽です。
そしてタイルには何故か
和室の床下から出てきた天草石を
左官さんに新しく加工してもらい
見事な仕上がりにして
頂きました。IMG_0230.jpg

一度仮にカットし・・・
並べ微調整を施し
IMG_0226.jpg

そして又カットを繰り返し
美しい並びに揃えるのです。

そしてここの現場は
子供達も参画し一緒に
工事を体験しました。

長崎から大村まで車で移動し
大村の山奥で泥壁の泥を
袋詰めする作業から
子供達と行ないました。
わいわいと。

そしてみんなで泥壁を塗る
体験を施主様と一緒に
作業しました。

これが一番楽しかったかな~。
小島小学校の生徒さんたちと
楽しく作業が出来た経験は
岩崎の中で一生忘れない
経験になるでしょう。IMG_0192.jpg