読書の事

どうも 岩﨑です。

今年に入り自分が読める小説が
ようやく分かり、今更読書の楽しみを
経験している。(なんとハードボイル系)

小説を読むようになった背景と
小説を読めないと感じた背景を
文字化してみようと思いました。

遡る記憶では
小学生の頃に教科書や
絵本を読んだ記憶があるのです。

教科書の話は結構好きで読めていたのですが
学校の読書タイムでは小説を全然読めなかった。

どんな本を選んでいたのかと言うと
覚えているのは江戸川乱歩の推理小説。

多分大人びたタイトルで子供心に
かっこいいと感じたのかもしれないが
内容は全く頭に入らず
読書が苦痛と言うよりも
自分に合ってないと感じた時間であった。

その後、本離れが進み
中学生の頃は文庫を読んだ記憶がほぼない
高校になり多少なりとも
本読まないとやばいよな・・・
とそんな気持ちに襲われて
色々試してみると
自分にはエッセイが読めるものだと認識し
エッセイだけは読めるようになった。

群洋子ありがとう。

しかし、読めると娯楽は違くて
面白いけど、他に優先することがあり
読書は後まわしになる事が多くなった。

なったと言うか
やはりほぼ読まなくなった。

僕はこの経験から
可処分所得時間と言う物を体で感じた。

人は一日の時間の24時間を
何に消費するのか?
生きるために必要な事
生活の上で義務的な事
自分に課せられた課題の事
と言う生きる上で
絶対やらないと良くない事で
人生が作られて
それ以外の時間を
人は余暇と呼び
これを生きがいに生きている人も
実はすごく多い。
EU圏だと
余暇の為に仕事しているんだと
言い切る人が本当多い。

余暇の使い道は
旅行や外食、ゲームやスポーツ
テレビやネット、映画や読書等がある

今の人は
余暇の時間を
買い物やネットサーフィンで
過ごす人が多いと感じる。
人は隙間時間にずっとスマホを見ているからだ。

人が何に時間を使うのかは
その人の自由であるが
無数にある娯楽の中で
読書を楽しむ体験が無ければ
読書を体験する選択肢は選ばない。

ゲームよりも本
ネットよりも本

何々よりも本。
と言う選択肢が前に立つ事で
人は読書を選択する。

そのためには
本のレシピの様な物・・
あなたはこの本読むと
楽しめますよってコーディネーター(司書)
が率先してサービスできると良いのだけど
司書は受け身なので
読み手と司書の接点が生まれにくい。

そもそも読まない人は
本屋に行かない
図書館に行かない。

そこからの人を呼び込む設計が
必要だ。

そして最大のやるべき事は
子どものうちに「本を読める体にしてあげる事」

楽しい読書体験を提供する事だと思う。
そのためには大人びた本ではなく
等身大で楽しめる本選びを
学校司書にはそこを期待したい。

そしてその根幹は家庭教育にあるので
親は子供が本を読める体制を
提供できたらとても良いと思う。

#読書推進
#大村市読書
#大人も本を読もう

平成30年長崎っ子の心を見つめる教育週間 での絵本読み聞かせ。

http://www.pref.nagasaki.jp/object/kenkaranooshirase/oshirase/202703.htmlどうも 岩﨑です。

平成30年心を見つめる教育週間と言う事で

6月の大村市立黒木小学校での

絵本読み聞かせは「命」の絵本を読もうと

図書館で選書してもらいました。

担当の絵本専門士が会議中で

不在だったため別の人にお願いしました。

絵本といえども

真面目な題材になると

内容が長めになることが多いのですが

小学校の朝の時間を利用した

読み聞かせ時間なので

そんな長い時間は取れませんもので

なるだけ短く

内容は重視し

読み終わても暗くならない絵本を

二冊選んで小学校にはせ参じました。

選んだ絵本は

長谷川義史

「おじいちゃんのごくらくごくらく」

ベッテ・ウェステラ

「おじいちゃんわすれないよ」

どっちもおじいちゃんだ・・と言っても仕方ない

大村には在庫がなかったのだ。

どちらも最後にはおいちゃんが

あの世に旅立ってしまうのですが

長谷川義史のは

おじいいちゃんの意思を継ぐ適な

継承の絵本で

ベッテの話は

胸にグッとくる映画のようなセリフに

泣きそうになります。

ベッテの方は

オランダでの話ですので

言葉や人物の名前があまりなじみのない

フレーズなので、二回読みました。

一回目では分からない事も

二回聞いたら頭に入りやすいだろうと

考えた結果です。

どちらも読者に媚びる事のない

正々堂々な絵本でした。

#大村市 絵本読み聞かせ

 

#大村市 図書ボランティア

 

#大村市 パパ

 

#大村市 楽しい

 

小さな図書館が佐世保市へ!

地域の人に無料で貸しだしされる

地域の小さな図書館が3月の小さな図書館サミットで

お披露目した甲斐と、皆でワークショップをして

小さな図書館活用の方法を考えた。

その結果、なんと佐世保市にも

一台小さな図書館が誕生することになった。

これはうれしい事である!

佐世保のどこかまでは詳しく言わないが

そのうち佐世保界隈でも少しは話題になるかもしてないので

その時に、近隣の散策を含めて

小さな図書館を探そう的なアクティビティをしてもらいたい。

と言う広報をNHKに言ってあるのだが

まだ返事がない。

小さな図書館  設置後2週間経過

どうも 岩崎です。

小さな図書館設置後の経過とこれから。

私は小さな図書館を製作し

自宅に設置しました。

中身の本については

すべて寄付を募ってます。

読み終えた本や

必要のなくなった本を

寄付していただいて地域の人に

無料図書館を提供すると言った簡単なコンテンツ。

中身や仕組みについては

色々思うこともあるので

本の寄付については

寄付者がこの活動に賛同し

大切な本を寄付してもらい参加者になってもらい

本を自分の子供と同じように

いろんな地域の人に愛されるような

願いを込めて、本がこの小さな図書館から

地域の手に還元され、循環し

気軽な知の寄り道を提供しています。

本のみならず

人と本とデザインと地域と、町歩きを

メインテーマに始めました。

以下、割愛

大村市 小さな図書館

大村市立図書館

大村市立図書館に本を

借りに行った際、司書さんと

会話で発覚。

県立図書館が開館する近くまで

存続されると思っていた

現図書館が時期を早め

早くからなくなりそうだ。

三月議会で話されるそうだが

なくなる図書館に恩返しがしたい

そんな気分。

外観施工後と創作本棚と社会活動と妙な事

IMG_7173.jpg

どうも 岩崎です。

施工前の写真がデータの中から出てきて

これは天が比較して見なさいと声を聞いたので

前と後の画像をご紹介いたします。
P1180664.jpg

おお~  今っぽく仕上がってますね。

お引渡しはすでに済ませていますが

今度の祝日にお払いした後にご入居となりますので

そこまで立会いをいたします。

さて、ここ数年子供の絵本の数が増えに増え

本棚を毎年増設していかないと収納できなくなってきており

リビングに本が積まれていく日々を過ごしています。

あまり本を購入するほうではなく図書館などで

借りる方が多かったのに何故こうなったのか??

「断捨離」はどこへ行った?

こんまりは?

と、遠い目をしても目の前の本はうず高く

積まれたままで、現実には整理できない日々。

と、いう事を何度か経験していて

本棚がないなら造ろうと!400日に一台くらいは

製作してるかな?(一年に一台じゃないのが妙にリアルでしょ)

かといってただ大きいだけの本棚には興味ないし

個性を際立たせようと小さい本棚を作るが

小さいのには30冊程度しか本が入らず

造った割にはうず高く積んだ本がちょっと

減った程度。

これでは問題の解決にはなっていないと

わかっていながらも、二台目 三台目とは

重い腰が動かない。  職業病ねこれは

仕事じゃないと体が動かない・・。

これ大工あるあるじゃないかな?

自分の家はあまりいじりたくないのよ、仕事じゃないし。

なんで400日に一台程度しか製作できない。

しかも、計画的にあまりつくらないので

その場のインスピレーションのみ

まさに想像!オリジナリティ!!

と言えば格好もいいが

現実には冷蔵庫のあまった食材で

ご飯を作るみたいな感覚で

「こんな 材料があまってた!」とか

材料次第で頭の設計図(図面はないが)が

くるくると回転しだす、実用的でかっこよく

家族に愛されて使用に耐えれるやつ

(家族に気に入られないと物置直行なもので)

そんな事を考えながら本棚を作るべきか

どうするべきかと作業場でぼーーと過ごすこともある。

本棚で社会活動が出来ないものかと考えた事も在るし

来年は実現に向けて少しずつ歩いてみようと思う。

どっかの公園がなんか緑があるところに

本棚とか椅子を持ちこんで「野外図書館」ってものを

やりたいと思う。

構想はこれから

コンセプトもこれからだけど

子供ってゆーよりかは

「親」に焦点をあててみたいと思う。

大村市 ソーシャルワーカー えほん侍 施工例 大工 工事

えほん侍 平成28年最後の読み聞かせ@黒木小学校

15622307_1316331131772313_2903326351485928735_n[1].jpg

どうも、岩崎です。

今日はえほん侍として黒木小学校へ

定例読み聞かせの為に朝7時半からはぜ参じました。

次女は朝が弱いため(親も弱いが)早めに

起こすことに。

「おきろおきろ」と身体を揺さぶるが起きない次女を

「こいつ地震とか起きたらどうするつもり?」って

おもうくらい揺さぶったのですがそれでも

一分は寝てました。

朝の用意を済ませ、読み聞かせたい本を用意し

(黒木の子供はやぎたみこのほげちゃんが大好き)

さあ!愛車バモスで出発(乗り出して10年)!と思いきや

末っ子がうんこを蓄えていましたので、おしりを

綺麗にして、さあ出発。

我が家から黒木小学校までは約20分とそこそこ遠い。

しかもインターで車が渋滞するために遠回りで

向かうようにしなければ渋滞に巻き込まれちゃかなわん!

と裏道をつかい手早く黒木小学校へ。

本日の読み手は三人、毎度おなじみ山崎侍

らくだみたいな顔と自称する坂井侍

と、岩崎の三名です。

坂井侍はおサルのジョージ原作を10分。

岩崎はほげちゃんと子犬のぺろを。

山崎侍は妹の本(名前失念・・。9

楽しい絵本読み聞かせの後は校長室で子供にまつわる

話しや教育現場の事、教育格差の話しで少しの間

お茶をいただきながら会話を進めました。

で、話が進みすぎて、子供達の保育園には完璧遅刻。

保育園にはすみませ~~んと言いながら登園を終えた岩崎でした。

大村市 子育て 教育 絵本 黒木小学校 図書ボランティア

近況報告 (近頃の私)

どうも、岩崎です。
DSC01396.jpg

普段の私と・・・・・

お髭を伸ばしてるちょんまげ男
15302420_1818811625032554_694555052_o.jpg

髭とちょんまげで人相もかわりますね~(そりゃそうだ)

まず、髭については・・・

9月より大型リフォームに突入し

工事の難易度の高さから、熟練の知恵や

家起こし(家のゆがみを取る工事)

水平出し(傾いた水平を戻す工事)

が沢山出てくるだろうと予測し

工事一日目より「工事の安全と完工までの綺麗な作業」と

願掛けまして、髭をそらないと引渡しまで

不精髭でございます、今現在も

しかしこの髭も週末までのお命・・・。

17日(土)には無事にお引渡しが出来ますので

当日の朝、お髭ともお別れです。

近況では平日は現場でお仕事&監理

週末になるとプラザ大村でパパ達を対象にした

絵本で紡ぐ絆と題したワークショップも開催し

7家族が参加してくれました。

と言った近況でのメンバーが撮影したのが

この髭のお写真。

改めてみると、色々とやばいな~・・

なんかめっちゃやばそうな見た目やん・・・。

こんなんからワークショップよーうけたなあ・・。

来る人も驚いたろうに。

と言うわけで12月18日は今年最後の

大村市立図書館での絵本ライブでっす!

時間はいつもの10:30~11:00です。

大村市 ワークショップ パパ お父さん 絵本 幸せ家族 家族

えほん侍 プラザ大村

町内会のお祭りとえほん侍8月定例会

11033100_679421172159329_938323031129915834_n[1].jpg

どうも、岩崎です。

昨日は地元である諏訪町の

町内の夏祭りがあり、ちょろっと

顔を出してきました。

夕方、仕事終わりと同時に

子供らを保育園にお迎えに行き

そのまま車で自宅まで直帰。

エアコンを付けずに走り終わると

子供らも結構な汗かいててね

サウナ代わりに調度良いよね。

汗かきすぎて汗疹なんだか

水負けなんだかよく分からない状態が

続くので、色々と思考が止まる。

子供らも祭り祭りだと騒ぐので

カレーライスを食べさせて、そそくさと

祭りに出向く。

嫁は子供会の運営の方に回っていて

今年も生ビールの販売だという。

いや~ ご苦労様です。

参加するのは楽しいけど

運営も大変、、、。

町内会にはお年寄りの力が

まじで必要ですとシミジミ思いました。

と、8月21日日曜日は大村市立図書館にて

えほん侍の定例読み聞かせがありますよ。

お時間は10:30~11:00です。

遊びにきてください~

大村市 諏訪 えほん侍