断熱工事が伝えにくい価値の部分

どうも 岩﨑です。

今年は先週にぐっと冷え込みましたが
今週に入ると、冷え込みも一旦落ち着いたようですが
東北方面では大雪が続くため
除雪状況等が心配に思えます。

住まい作りにおいて使い道や
自分がいかに快適に過ごせるかを
考える事は大変有意義で楽しい時間でも
ありますが、断熱工事に関しては
十分にその魅力を伝える事が出来ないのが
もどかしくもあります。

断熱が良く効いている住まいと
断熱がほぼない家では見た目では
判断が難しいからです。
断熱材は人の目の付かない場所に設置されますし
その設置のされ方でも効能は変わってきます。

ダウンジャケットならば
その見た目の厚みやメーカーで
品質が分かりそうですが
それを見る事はありません、壁や床に隠れて
しまいますので。

良いダウンジャケットを着たからと言って
その性能を出せているかと言うのも
実は微妙なものです。

実はインナーのチョイスで
快適にもなれば、不快にもなるのが
断熱(この場合は保温とでもいいます)では
ないでしょうか?
インナーにナイロンジャケットを着用すれば
汗まみれで不快になります
厚手のトレーナーだと逆に寒くなります。

もちろん、ジップアップしていないと
お腹まわりは寒い環境に晒されます。

でも、実際にジップアップしていない人は居ますし
首回りまで上げない人もいます。

さらにはダウンジャケットは良くて
着用が正しくても
すそが短いズボン(パンツ)を履いていると
上は暖かいのに下は寒い
体として温め方が矛盾しているので
相対的に寒いと感じる事に違和感など
無いでしょう。

どこが良い

ここは最高

とかではなく

どこかが寒いと

人は寒いとしか思わない。

しかし、一度快適な温度下で生活を
してみますと温度がどれだけ
人にストレスを与えていたのか
簡単にわかります。

夏にキャンプ行こう・・・(でも熱いのはきつい)
冬にバンガローに泊まろう・・・(風邪ひかないかなあ)

ですが逆にそれが良いんだ って価値観ももちろん
理解しています。
ダメかどうかではなく
温熱環境が判断のおおきな一因に
なっていると言う物大きな事実です。

ですので
夏にホテル泊まろう (快適そうだ)
冬に旅館に泊まろう (快適そうだ)

自分の中で快適な部分がある程度
担保された経験があると
熱い時期でも寒い時期でも
行く場所によっては全く億劫にならない。

そすれば
自然と温熱環境の大切さも
分かると思うし
重要性が増すと思うのです。

#大村市
#断熱
#リフォーム
#工務店

飛散防止パネル

どうも、岩﨑です。
IMG_2177.jpg

飲食店向けに

飛散防止パネル製作しています。

前回のは某有名ベトナム料理店に納品したのに
写真を撮り忘れてしまったので
今回は撮影しました。

今回は某有名パン屋さん

これで対面も安心かな

皆さんもマスク ソーシャルディスタンス
三密の回避を徹底しましょう。

#大村市
#飛散防止パネル
#とにかく夏は暑い。

大村市水計町リフォーム

IMG_2012.jpg
施工前。
IMG_2156.jpg
施工後。

どうも 岩﨑です。
盆過ぎでも暑さはそこまで変わりませんが
日が沈む時間だけはなんだか
短くなりつつありますね。

「引っ越し先がちょっと狭いので
広くしてください。」

とのご依頼でしたので
既存と整合性を取って考えると
約4㎡は拡張できそうなので
お部屋を広くする工事でした。
初めて扱うS形板金屋根は構造を
見た事がないので板金屋さんと
打ち合わせしながら施工に入りました。
しかも、このS型板金瓦は
働きが2m近い物もあって
本当に仕事がやりにくい・・。

増築部分は土台、柱、梁を
久しぶりに墨付けし刻んだので
少し緊張いたしました。

既存との段差も生まれることなく
バリアフリーで仕上がり、納得の出来です。

所得から見た、住宅取得。

所得から考える家づくり

どうも、岩﨑です

世の中の7割程度の人が

住宅を取得する際に

住宅ローンを利用すると話があります。

え?三割は現金かい!?

と心底、お金持ちがいるんだなと思った。

しかし、一般サラリーマンには

資金繰りを考えて

住宅を取得しないと

建てたときはハッピーでも

後々資金繰りが苦しく

楽しい生活を過ごす事が金銭的に・・・厳しい

人生の大きな買い物である

住宅は大人のディズニーランドの様な物であり

つい、住まいに夢見て豪華になりがち。

それをすんなりローン完済まで

行けば何の苦労もないし

そう行くのが理想であるのですが

子育てに大きな資金が必要であったり

家族が大きな病気になったり

家族が転職して所得が大幅に減ったり

両親の介護が急に必要になり・・・

と様々な不安な要因があるわけでして

その全てに備えましょう、と言う話でもなく

頭の片隅に入れて

人生の要所要所でライフプランしてみる。

そこで破綻しなければ

おおよそOKだと思います。

おおよそと言ったのは

ライフプランをすると収支がマイナスに

なる場合があるからです。

大体子供が大学に
進学する際にマイナスになりがちです。

大学進学と言っても

地元の大学なのか

県外なのか?だけでも

収支は大きく変わります。

マイナスでもいいんですけど

全く知らぬマイナスではなく

理解した上でのマイナスであることが

大事な事だと思います。

古材

古い材木や古い建具が
リノベーションやリフォームで人気だそうだ。
建物全体で使うには総量が足りないかもと
思うけど、一部なら利用できるかも?

しかし、使用するとなると
製品自体に保証なんてないだろうし
そこん所は理解してもらえる
人様にしか利用できないなあ・・。

流通量も少ないだろうし。

iroiro

人は誰でも自分を信用してる状態が必要である。

自分大好き、根拠のない自信、他人はどうでもいい
といった心理や状態である。

これが無い状態は
不安であったり、メンタルを整える事に時間がかかる。

では不安は不必要かと言えばそうでもない
新しい思考を整理している途中で
整理さえ終われば一つ階段を上る自分がいる。

ただ、どんな不安でも
階段を登れるわけでもない。

人生を終える不安があるのもこの世のなかだ。

あなたにとって
大切なのは人生の為の成長ではない
人は永続的な成長など求めなくていい
苦労は買ってまでしろ
そんな言葉はバックヤードに仕舞おう。

苦労が多い人生で
幸せを感じる事を得る事が人生の糧だ。

よかった

と言う状態を増やそう

って言う事を
自分に言い聞かせている。

これが分からない時の10年前の自分は
その呪縛で相当苦しんだ。
そのお陰で多くの学びを得た
その経験は自分を大きく強くした。

仕事の交渉に失敗し
20代後半のプライドが高い頃に
親の前で泣いた事もあった。

悔しかったなあ・・・

悔しかった・・

でも今はそうはならないと
何となく思う。

目的地(目標)へのアプローチも
考えかたも一つではない。

当時のあたくしが子供すぎたのか
今がおじさんになったのか・・・

あたくしはまだ30代だ!

十人十色

普段の事と題して。 どうも 岩﨑です。 私たちの仕事は分かりやすく言うと考えて物を切断したり接合したりって事です。 そんな時に気を奪われる事が過去ありました。 あたくしたちは丸鋸(電気ノコギリ)を職務でもプライベートでも良く使用しますが機械部の滑りや潤滑油には少々程度気を付けます。少々と言うのはそこまで気にしなくとも支障がないからです。 若かりし頃私たちの仕事では綺麗な仕事用(仕上げ用)の道具と荒用の道具(雑用)がありまして下地は荒用で処理し仕上げは仕上げ用を付け替えます。 昔、他社の職人さんと仕事をしたとき荒用の刃物で仕上げ用材を切断しようとしていたので声をかけ止めた事があります。 実は仕上げ用も荒用も性能に違いはそうありません。 要は切れる状態かそうではないかだけの違いでしかありません。実際荒用でも研磨(砥直し)すると仕上げ用に変わりますし。 ただ、そういう配慮が分からない職人もいるのだと驚いた事があります。 他にもありますが 職人も様々です。 あたくしも含め 不思議な人や怒りっぽい人や人の話を聞かない人や仕事に来ない人もいます。 なんだ、書き出してみるととんでもないやつしか居ねえな。 あ、あたくしは普通の人です。